抱えきれない思い出

平成22年2月22日 7時45分
ら~ちゃん500は 虹の橋に向かって旅立ちました

DSCF3155.jpg

抱えきれないほどの思い出を 残して旅立って逝きました。

この世に生まれて6年4ヶ月
いっしょに過ごした時間 6年と2ヶ月・・・

あんなことあった 

こんなことあった・・・・ 

いっぱいの思い出・・

花壇に出来た小さな西瓜と写真をとると 一チョ前の大きさに見えるけど
2004102F062F392Fb00392392Ejpg.jpg


いつまで経っても ポケットサイズチワワでした
04090182.jpg


いっぱい いっぱいの思い出をありがとう。

ら~ちゃん500 体は 500グラムだったけど
思い出は 重いでぇ~・・・・・なぁんちゃってね。









スポンサーサイト

今日のら~ちゃん

今日のら~ちゃん

昨日の注射が効いてるのか呼吸が楽なら~ちゃんです


湯たんぽ・毛布に包まれて獣医さんに行ったら~ちゃんですが、
昨日の診察台の上での体温
35.8度・・・・・・ガーン

いつものか~ちゃんの台詞 またまた 出ましたぁ・・・・。
「ほんとうに は虫類みたいに変温動物になってますねぇ・・・・」


チワワというか犬にとって 36度をきるなんて どんなけ危険な体温かは
皆様ご存知だと思いますが そんな状態がちょくちょくあるんです。

こういう異常に危険な体温が何度もあって こういう状況を「あっ またかぁ・・・」と
思ってしまう自分がこわいです。

絶対に「またかぁ・・」と慣れっこになってしまう油断を狙い済ましてる「意地悪」が
いると思います。
絶対に油断しないように 頑張りたいです。

昨晩は 注射が効いてたのかよく寝たら~ちゃんです。
良く寝た顔は こんな穏やかな可愛いお顔です。

ほ~ちゃん生誕記念日

ぼきゅ ほ~ちゃん
一応 男・・ちゅうことになってます。
正真正銘の男です・・・ちゃんと タマタマもってます・・・2個とも おりてますぅ。
ぼきゅ 今日 5歳になりました。
今年のぼきゅのバースデーケーキ(か~ちゃん手作り)が
これ・・らしいです。
なんだか 今年のは 手抜きなお誕生ケーキのような気がします。
夜には きっと本館で ぼきゅのバースデーケーキの手抜き具合を 
か~ちゃんがアップするかもです・・・。
DSCF5002.jpg
5歳で 学ラン着てみました。
似合いますか?
そこらへんの ちゅう坊よりも 数段かっこええですかぁ??






あんた 5歳・・・あたしは 6歳・・・
あんた大きくなったわねぇ・・・
あたしの方が年上なんだから・・「そこんとこ ヨロシクッ!!」
睨みをきかすら~姉ちゃん・・・
DSCF5026.jpg
「ととととっと・・・ら~ねえちゃん その目 怖いっす!!」



こんなにちいさかったんだよぉ・・・ねぇ あんた・・。
しっかし 足短かったのねぇ・・・(笑)
DSCF15441_20100210120338.jpg




ぼきゅは いつもお姉ちゃんについていきます。
お姉ちゃんが「節分の鬼になれ・・」っていうなら 鬼の係りもしますぅ・・。
DSCF4927.jpg


ぼきゅ ほ~ちゃんは 5歳になりました
今年もよろしくお願いします。




幽体離脱?

一昨日の明け方・・・そう ら~ちゃんが 久々に呼吸が乱れて
寝不足状態で迎えた明け方 私は 空中に浮かんでハイスピードで
山道を 進んでおりました・・・・と言う夢?を見てました。




そのスピードは 「かっとばしや」か~ちゃんでさえも
「おっ かなりなスピードが出てるなぁ・・・」と思う早さでした。
山道は ざれていて石ころが確認できないぐらいのスピードで
飛んでいました。


そして なぜか 思います。
「あっ このまま この山道を登って行っていけない・・・」
「この先は 冥界だよ・・」
そう思ってスピードをおとします。
ゆっくりスピードをおとして 
なぜか Uターンして方向を変えることはなく、
バックで今上がってきた山道をゆっくり下りていったのであります。

夢は それだけ・・・・。

*************

この同じ山道の夢を 過去に見たことがあります。



それは 母が亡くなって49日を迎える頃でした。


夢の中で 母と長姉と3人で この道を徒歩で歩いてるのですが
シチュエーションとして「母を見送りに来ている」状態です。

現実の母は 長い寝たきり生活の後 逝きましたが
その夢の中での母は 元気に自分の足で山道を歩いていました。


足元は ざれた山道でした。
何度か母に「大丈夫か?」と声をかけました。
すると母は 若い頃と同じような口調で
「大丈夫!!」と 年寄り扱いされたことに
抗議するかのような口調で返事しました。

山道の途中で 立ち止まり
ここから先は 母だけが行くようです。
そこで 母に別れを告げて・・・・・・

そこまでが 夢の記憶として鮮明に残ってます。



目が覚めて「あ~ぁ 母は 彼岸に行ったんだぁ」と悟りました。

49日かけて彼岸に行く・・・・
その言葉をどおり山を越えて あっちの世界に母は行ったんだなぁ・・


************

で、あの山道を猛スピードで飛んでいるあの夢・・・
あれって ひょっとして あのままかっとばしてたら
あたしは あっちの世界に直行?だったのかなぁ・・・って
思ったわけです。

これって ゆうたいりだつぅ????

ら~ちゃん がんばれ~ぇ

DSCF4961.jpg

昨日獣医さんの診察台の上で 毛布に包まれ湯たんぽで保温・・の状態で
酸素吸入を受けるら~ちゃん。

それをか~ちゃんの肩に斜め掛けにしたスリングの中からのぞいているほ~ちゃん

「ら~姉ちゃん・・・がんばってぇ・・・」
心配そうにずっと見ています。


呼吸の乱れの原因・・・
500の子には 負担のかかる検査も積極的にはできないんですが
出来る範囲で今までやった検査の結果や 症状の経過などで
推測すると・・・・・
「肺・心臓からのダメージというよりも 気管あたり・・だと思う。
気管 気管支あたりで チューブがペッシャンこになった状態で
呼吸が困難になり 酸素が体に行き渡らない・・」そんな状態ではないか・・。
だそうです。

ぺしゃんこになりやすい気管でも ぺしゃんこでない時間があるなら まだいいです。
母は そう思います。

それが いつか ぺしゃんこが元に戻らなくなり ふさがれてしまったら・・
そんなことを考えてると震えが来ます。

気管がぺしゃんこにならないようにするには どうしたら良いのでしょうかぁ??

毎日が手探りです。
プロフィール

龍虎

Author:龍虎
極小チワワ7&シェパ2のお世話係龍虎です。
名前は 怖いが普通のおばさんです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード